×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

女性の薄毛・抜毛・傷んだ髪に女性専用の育毛剤&育毛シャンプー

男性の薄毛は成長期が短くなる!?

男性の薄毛の多くは壮年性脱毛。
思春期以降の男性に多く見られ、男性型脱毛は若はげなどとも呼ばれています。
壮年性脱毛は、思春期以降に男性ホルモンの分泌が増加することに伴い髪の成長期が
徐々に短くなることでおこり、特徴としては前頭部や頭頂部の髪が短く細くなってきます。
ですが、毛根の数は変わらないため、髪の本数はほとんど変わりません。
よ〜く見ると、薄毛になった部分にも、うぶ毛や軟毛が以前と同じ本数だけ生えているのです。

壮年性脱毛 発生メカニズム

髪のもと毛母細胞は、毛乳頭細胞との相互作用によって細胞分裂が制御されています。
毛乳頭細胞が髪の毛をつくる指令を出すと毛母細胞が分裂し髪が成長します。
毛乳頭細胞が成長を止める指令を出すと毛母細胞の分裂が停止して髪の成長が止まります。
思春期以降、男性ホルモン「テストステロン」が分泌され毛乳頭細胞に運ばれると
「5α−リダクターゼ」という酵素の働きで、「テストステロン」が「ジヒドロテストステロン」に
変換され毛乳頭細胞にある受容体に結合します。
結合すると毛乳頭細胞では「TGF-β」というタンパク質が産生されます。
「TGF-β」は脱毛指令因子で毛母細胞の分裂を抑制し毛髪の成長期を退行期に導きます。
「TGF-β」の影響で、平均4〜6年である髪の成長期が短くなり、数ヶ月〜1年ほどに…。
このため、髪は十分に成長することなく
退行期・休止期になり、短く細いまま抜け落ちるサイクルが繰り返されます。
薄毛の程度や発生時期は、遺伝等による個人差がみられるようです。