×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛・抜け毛・細毛に育毛ケア

キューティクルが傷むと、手触り・ツヤ低下で傷みが進行

健康な髪は、最表面がMEA(脂質)でおおわれたキューティクルが
何層にも重なり合って内側のコルテックスやメデュラを守ってます。
ヘアカラー・ブリーチ・パーマ・太陽光・シャンプー・スタイリング時など
程度の差はありますが、まず最表面のMEAが損なわれます。
MEAが損なわれると、表面のキューティクルがめくれあがったり
はがれたり、キューティクル層の間に隙間ができたりします。
こうしてキューティクルの表面が滑らかでなくなると
ますます傷みやすく、ツヤも低下。
毛先の枝毛や切れ毛は、キューティクルがほとんどはがれ落ちて状態です。
キューティクルが損なわれると毛髪内部を守る機能が低下するので
同じお手入れを続けていても、髪の内部のダメージが進行しやすくなります。

髪の空洞は、手触り・ツヤ低下、質感にも影響

ヘアカラー・ブリーチ・パーマをくりかえしていると
髪の表面だけでなく、内側の繊維と繊維の化学的な結合までも切断され
構造が弱くなり、シャンプー時に内部のタンパク質や脂質が流出します。
髪の内部に空洞が多くなると、ツヤが低下、色は白っぽく褪せて見えます。
髪には自己修復機能がないため、一度傷めると、自然には元に戻りません。

太陽光が髪にダメージ

太陽光を浴びると、紫外線の作用で最表面のMEAが失われ
キューティクルが浮き上がりやすく。
このため、ガサガサと手触りが悪くなりツヤも低下します。
太陽光はコルテックスにあるメラニンを分解し髪色を変色させます。
特に水があると反応が進み、日差しの強い海やプールなどで
濡れた髪のままでいると、髪表面や毛先が色抜けしやすいです。