×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛・抜け毛・細毛に育毛ケア

肌の角層が変化したものが髪!?

髪は、爪と同じで肌の角層が変化してできたものです。
死んだ細胞が集りです。毛母細胞が分裂した後
毛髪となって頭皮から押し出され1年間に10cm以上伸びます。
肌の表皮は、約4〜6週間で新しく生まれ変わりますのですが
髪は伸びている間、その構造のままで自己修復機能がありません。
髪には痛みなどの感覚がないので、負担をかけてしまいがちになりますが
一度傷めると自然には元に戻りません。毛先は損傷が進みやすいです。
髪のケアで一番大切なことは、まず傷めないようにすることです。
傷んでしまったら丁寧なケアをして傷みを進行させないことが大切です。

髪は毛根が大事

髪は、頭皮から出ている「毛幹」頭皮の中にある「毛根」わかれます。
普段「髪」と呼んでいるのは毛幹で、髪の成長に大切なのは毛根のです。
毛根の先のふくらんだ部分が「毛球」で、ここが髪の製造工場。
毛球にある「毛乳頭」が髪の毛をつくる指示を毛母細胞に出すと
毛母細胞が分裂して髪となり成長していきます。
毛母細胞の分裂を助けるのが毛細血管が運んでくる栄養や酸素。
毛母細胞は、体の中でもっとも活動が活発な細胞なので多量の栄養や酸素を必要。
ですので、髪の成長のためには、頭皮の血行を促すことが非常に大切です。