×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛・抜け毛・細毛に育毛ケア

やさしいシャンプー方法

シャンプーで地肌や髪を清潔にするのは大切なことです。
しかし、洗い方が悪いと、キューティクルを傷つけてしまいます。
毎日シャンプーしていても部分的に洗い残しがあると地肌トラブルの元に。
洗い残しやすい部分
・耳の後ろ〜襟足
・女性の場合は耳の上辺りの頭回り
シャンプーでまんべんなく洗うことを心がけましょう。
髪のもつれをとく
髪は濡れると絡みやすいので、髪を洗う前に
目の粗いブラシ・くし、またはは手ぐしでもつれをとりましょう。
つれたまま洗うとき無理な力がかかり、ダメージの原因になります。
髪と頭皮を十分に濡らす
シャンプーの泡立ちをよくするために髪と頭皮を十分に濡らし予洗いしましょう。
予洗いは髪を傷めず、頭皮をまんべんなく洗うための重要なポイントです。
シャンプーの泡は、汚れを落とすだけでなく、髪同士の摩擦を防ぐ役目もあります。
たっぷりの泡で洗う
シャンプーを手のひらで、軽く泡立ててから頭皮の何箇所かに分けて塗布し
頭皮を指の腹でマッサージするように洗いましょう。
髪はシャンプーの泡が行き渡れば、十分汚れが落ちます。
※頭皮用洗浄ブラシを使うと毛穴周辺の皮脂もすっきり落とすことができ便利です。
十分にすすぎを
髪に残った泡を軽く手で落としてからすすぎます。
耳の後ろ〜襟足、耳の上辺りの頭回り、生え際は念入りに。
コンディショナーかトリートメントを
手に適量をとり、毛先から髪全体になじませます。
その後、十分にすすぎます。
トリートメントは、髪になじませた後しばらくおくと効果的UP。
やさしくタオルドライ
水分は髪をポンポンと軽くたたくような感じでふきとります。
髪同士をこすりあわせるとキューティクル同士が
こすれ合い傷みやすいのでなるべく避けましょう。